スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

演劇「おこんじょうるり」白石市大平小学校で上演

大平小ブログ
12月3日㈫に白石市大平小学校で、文化庁派遣事業「おこんじょうるり」を上演してきました。その土地の風景、学校の雰囲気、そして芝居とともに子供たちの反応が、いつでも新鮮です。
振り返りに想像力を養うという話が出たのですが、大人には「何が面白いのだろう」と不思議に思うところもあったりします。
たとえば、シーンとしては叩かれるところなのですが、照明の変化等に反応して笑いが生まれたりするのです。
自分ことを 振り返ると、ちょっと思い出すことがあるのです。お寺の和尚さんがお経を唱えるのを聞いていて可笑しくて、くすっと笑っていた昔の私がいたなぁとか、今は泣きたい気分より、笑いたい気分なのという様な、箸がころがっただけでも笑っていたお年頃の時とか。
演劇鑑賞は、学芸会(今は学習発表会といいますが)の教育的効果や、教師側も表現を参考にしたいと思って選んでくださることも多いようです。
そして私たちも学んでいるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かと れあ

Author:かと れあ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。