FC2ブログ

世田谷シルクの仙台ワークショップ発表会

かと れあです。
1月16日㈫から中一日休んで21日㈰まで、世田谷シルクの堀川炎さんの仙台演劇ワークショップに参加しました。
日曜日は贅沢にも日立システムズホールの交流ホールで発表会でした。
あっという間でしたので、こちらのブログでは広報しないでしまったのですが得難い体験ができました。

一日目からグループ二つに分かれて、男女それぞれの人生のエピソードからキャスティングと主人公の性格。そのエピソードをエチュードで創ってみました。これだけでも作劇のヒントになりますね。
私はたまたま女の一生を演じることになりました。

次の日は歩行や日常の動きをとりいれたダンス。それと針金と布で簡単に作れてしまうパペットを作ってのショートシーン。
パペットというのは、児童向けお芝居の時にも利用できるし、パペットと操る演者の演技ポイントもいくつか教わって、これもこれから役に立つものでした。
前々から思っていたのですが、どうしてもその年齢を演じるのは無理がある、という時にもパペットをうまく使うことができますよね。

三日目は参加者はお休みだったのですが、堀川さんたちは男女のそれぞれの人生を双子というストーリーにするアイディアだし稽古をしていたようです。堀川さん2時間くらいで戯曲を創ってしまったそうです。凄い。

演劇工房10-boxの稽古場から四日目は日立システムズホールの交流ホールに移りました。一分間で語るある人の人生とか・線対象と点対称の動きとか、ダンスとか。そして台本を手にして稽古。ここで私は0歳から85歳までをパペットを操りながら、台詞を言いながら、あるいは無言劇で、そして85歳では生身で演じることになりました。

発表会のタイトル「ほかほか」

0歳から85歳の女の一生がここの発表会で演じることが出来たなんて、役者として幸せでした。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かと れあ

Author:かと れあ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR