スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狂言と笑い

野村万作・萬斎の狂言を生で初観劇。
石田幸雄さんは、演者の前に今回の狂言の説明をしました。
古典劇はそのままでは分かりにくいので、説明があった方が良いし、下調べして言葉の意味が分かっていれば楽しさ倍増だと思いました。
私が10月に寸劇にした「ブス」は、たまたま今回の演目の「附子」が下敷でした。何てラッキー。
プログラムには「附子」=トリカブトの根を乾かして作った毒薬。と語句解説がいくつか。

現代劇も古典からの影響って沢山受けてますし、そういった作品は私も好むことが多いです。
それと狂言は、笑いの芸術であるという点も、「笑い」は、私が演劇活動する時のひとつのテーマでもあるので、学べきところは多いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かと れあ

Author:かと れあ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。