スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンケートでよみがえる感動と今後の事

全国シニア演劇大会in仙台6月6日のアンケートが届きました。
手に取るとどっしりとしていて、ちょっと緊張しながら、中味を読むと、あの時の感動がよみがえりました。ほんと感謝です。

私の役のことをふりかえれば、若い世代が入っていれば、私はこの役ではないと思うのです。下手すると反感をかうと思います。
この役への興味は、最初と最後の長セリフを言ってみたいから始まりました。実演はかなりカットしてあります。少女役のイメージが、二枚目と三枚目のどっちでいこうかしらと思っていました。

私はわりと今の自分に近い役へのアプローチは苦手な方です。高校生の時に、青年劇場にいた方が仙台に戻って杜乃小劇場を旗揚げしました。高校三年の私は先輩に誘われるままに入り、旗揚げ公演の「鳩」という台本で高校生の役をいただきました。その時も結構苦労したように記憶しています。

「ゴズラ」の稽古も終盤にさしかかり、母親のセリフにある「この子少し変わっていましてね」が実感してきました。見た目は少しは工夫しました。衣装とか動きとか(^_-)

若い世代が見て、このおばさんが、この役と同年代だったら、こうだったのかな~という想像も生まれたら、私としては成功かなって思い始めました。そんなことはおこがましいので公演が終わるまでは書けませんでしたが。

かと れあprojectの規約には、シニア演劇を謳ってはおりません。シニアにこだわらなくて良いと思っています。
ただ「シニア演劇活動」は得意分野かもしれませんし、これからは「シニア演劇班(仮称)」としたらどうかしらと思い始めています。発足当時のメンバーも休みがちになってきていますし、新しいメンバーでリニュアルする必要はあると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

かと れあ

Author:かと れあ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。